長澤弘法律事務所

取扱分野 - Practice

民事

建築問題アイコン建築問題

建築問題イメージ

「建築紛争・問題の原因を究明し、解決に導きます。」

建てた家・建物の瑕疵や、欠陥問題、施主と業者間の工事代金未回収、マンションの近隣問題など、それぞれの問題の根本を明確にし、解決策を導き出します。

+弁護士費用一覧

例)土地付きの新築住宅を2000万円で購入したが、建築自体が傾く欠陥住宅であることが判明。
売主及び建築会社に対し補修費用700万、補修レンタル住宅費用70万円、宿替え引越し費用30万円、慰謝料100万円、合計900万円の請求訴訟を提起した。
全面勝訴し、任意に900万円を回収した。

着手金 報酬金
30万円~ 90万円~

※ 表示されている金額は税別となっております。

債務整理アイコン債務整理

債務整理イメージ

「逃げても、隠れても、債務はなくなりません。」

債務による返済苦、生活苦…しかし逃げても隠れても債務がなくなるわけではありません。
一括弁済、分割弁済、民事再生など、これからを生きるあなたのための手段を導き出します。まずは当事務所の門をたたいてみてください。

+弁護士費用一覧

例)消費者金融会社など10社から総額400万円の負債をかかえているということから債務整理を依頼された。

1)債務整理(過払い金)長く返済してきていたので、取引履歴を開示させて計算すると、200万円の過払い金があることがわかった。 示談ができなかったので、裁判を提起して全面勝訴して全額回収した。

着手金 報酬金
10万円~ 20万円~

2)倒産(個人再生)利息制限法による再計算をしても300万円の負債が残ることがわかった。 個人再生手続を申立て、3年間に100万円を支払うという再生計画が認可された。

着手金 報酬金
20万円~ 0万円~

3)倒産(個人破産)支払っていく余裕はなかったので、 自己破産を申立て、破産手続が開始して免責が認められた。

着手金 報酬金
10万円~ 0万円~

※ 表示されている金額は税別となっております。

交通事故アイコン交通事故

交通事故イメージ

「交通事故の示談で損をしてしまう前に!」

交通事故の示談金の判断基準というものは、保険会社と裁判所・弁護士とで異なっています。
親切丁寧な対応の保険会社でも、実は被害者に不利な提示をしているというケースもあります。
納得のいく示談ができるよう、まずはご相談ください。

+弁護士費用一覧

例)交通事故にあい、重傷を負った被害者から損害賠償請求を依頼された。弁護士の判断として、 1000万円程度が妥当であると考えたが、保険会社からの提示額は500万円であったので、訴訟を提起し、 その結果、1000万円の勝訴判決を得て、任意に全額回収できた。

着手金 報酬金
20万円~ 50万円~

※ 表示されている金額は税別となっております。

不動産問題アイコン不動産問題

不動産問題イメージ

「土地・家にまつわる問題を解決!」

不動産売買の代金未払い、賃貸物件の家賃滞納、住居の明け渡し、など、法的対処が必要な問題について、解決策を導き出します。

+弁護士費用一覧

例)AさんはBさんに1戸建ての建築(建築の時価1000万円、土地の時価は1500万円)を貸していたところ賃料 (1ヶ月10万円)の不払いが続いていた。

訴訟-原告
Aの依頼を受けて原告として訴訟を起こし、全面勝訴の明渡があった。

着手金 報酬金
20万円~ 20万円~

訴訟-被告
被告のBの依頼を受けた。和解により6ヶ月の明渡猶予を認められ、 家賃相当損害金(6ヶ月分で60万円)の支払いも免除された。

着手金 報酬金
10万円~ 20万円~

※ 表示されている金額は税別となっております。

離婚問題アイコン離婚問題

離婚問題イメージ

「争いを解きほぐし、平和的な問題解決を。」

夫婦の離婚は、いがみ合いが起きやすいものです。
しかしながら、お互いの離婚の合意、親権、財産分与、慰謝料、面会交流など、冷静に解決しなければいけない事柄も多くあります。
そこで、お互いの意見と気持ちを尊重し、できる限り平和的に解決ができるよう、丁寧にご対応させていただきます。

+弁護士費用一覧

例)夫の暴力などに耐えられないので離婚したい。3歳の子供が1人いるが、自分が引き取りたい。慰謝料として200万円を請求した。
離婚が成立し、慰謝料200万円の支払いを受けた。子供の親権も認められ、養育費として毎月3万円の支払いを受けることになった。

離婚調停

着手金 報酬金
20万円~ 20万円~

調停不調で訴訟事件

着手金 報酬金
10万円~ 20万円~

訴訟から受任

着手金 報酬金
20万円~ 20万円~

※ 表示されている金額は税別となっております。

相続問題アイコン相続問題

相続問題イメージ

「相続問題がきっかけで家族・親族の絆を失わないために。」

相続に関する問題では、「誰が」「何を」「どれだけ」引き継ぐかということが、なかなか決まらず、親族間であっても争いが起きることが少なくありません。
以後の遺族同士の暮らしのためにも、平和的な解決にむけ、ご相談を承ります。

+弁護士費用一覧
遺産分割請求

例)夫が死んで、自宅・山林・株券・預金など総額1億円の遺産を残した。遺言書はなく、相続人は妻と子ども2人の合計3人で、遺産の範囲に争いはなかった。
妻の依頼を受けて遺産分割の調停申立をした。その結果、妻は 5000万円相当の法定相続分に従った遺産を取得し、納得できる分割となった。

着手金 報酬金
30万円~ 100万円~
遺言書作成

例)定型的な遺言書を作成したい。資産は、不動産・預金および株券で、評価額の総額は5000万円。

1) 公正証書遺言を作成する手数料
2) 遺言執行者になっているときの手数料

作成手数料 遺言執行手数料
10万円~ 40万円~

※ 表示されている金額は税別となっております。

後見問題アイコン後見問題

後見問題イメージ

「人としての暮らしの支えと、安心への備えのために。」

認知症、知的障害など、現時点で物事の判断能力が十分でない、あるいは、一人暮らしで、いつかそのような状態になるかもわからないといった方々を支援するために、状況に適した後見制度についてのご相談も承っております。

刑事

「家族が何らかの容疑で警察に逮捕された」
「事件を起こしてしまったり(または巻き込まれてしまい)、警察から呼び出しがきている」

逮捕や刑事責任に問われるといった状況になった場合、いち早い行動がより良い結果への近道となります。刑事事件は逮捕された時から制限時間がスタートされ、一刻も早い対応が必要となります。知らせを受けてからまず何から行動を起こすのか?可能な限り刑罰を軽くする、できるだけ早く釈放してもらうなどといったアドバイスやお手伝いをさせていただきます。刑事事件はスピードが命です。まずはご相談下さいませ。