よくある質問 - FAQ

法律相談編

そもそも弁護士に相談すべき問題なのかすら分からないのですが?

法律相談に関しては、基本的にどのような内容の法律問題でも受け付けています。一体何が問題か分からないという場合でも、弁護士に相談することで、絡み合った糸が解けるように、物事が整理され、ご相談だけで解決することもあります。本当に法的に重大な問題があるのかどうかが分からなくても、お悩みがあるのであれば、一度相談やアドバイスを受けられることは重要なことだと思われます。当事務所では、例え事件の規模の大小で(弁護士が受任して事件に直接介入するかどうかは別として)、相談者の方にアドバイスや説明を惜しむことはありませんし、ましてや端から相談を拒むようなことはありません。お気軽に一度ご相談下さい。

PAGE TOP

平日は仕事で忙しくてなかなか相談に行けないのですが、平日の遅い時間や土日休日に相談できませんか?

ご安心下さい。当事務所は、平日の午後5時半まで相談を承ります。また、状況により平日の深夜、土日休日も相談を承りますので、まずはお気軽にご相談下さい。

PAGE TOP

自分自身の問題でないと相談できませんか?

全く問題ありません。但し、ご本人にしか分からない事情もありますので、基本的にはご本人がご相談に来ていただくのが一番よいと言えます。

PAGE TOP

電話やメールで相談できませんか?

法律相談を前提としたお問い合わせは、電話又はメールにて受け付けておりますが、法律相談自体は事務所にご来所して頂いております。電話やメールでは誤解が生じてしまうことがありますし、実際に面談してお話を伺い、ご説明させていただくことが満足行く解決を導く上で重要と考えます。但し、遠隔地からのお問い合せ等につきましては、柔軟に対応させていただきます。

PAGE TOP

相談した場合は、事件処理を頼まなければならないのですか?

頼まなければならないということはありません。1人で悩んでいると解決方法がわからないことも、他の人に話すことで助力を得られることもあります。他人に説明しようとすることで状況が整理できて、いったい何が問題になっているのかがはっきりすることもあります。法律それ自体は単なる知識でしかありませんが、本来は、困っている人を助けて実際の事件を解決するための道具です。法律相談で悩み事が解決できればなによりです。弁護士から事件の処理方針や具体的な費用について説明を受け、十分納得した上で、ご依頼下さい。

PAGE TOP

費用の分割払いはできませんか?

事案等にもよりますが、弁護士費用の分割によるお支払いも可能です。特に、債務関連の事案でご依頼をご希望される方は、一括払いが困難な場合も多いと思われますので、ご相談の際弁護士にお尋ねください。

特に現在は、法務省が主催する法テラスという制度があり、弁護士費用の分割払いが可能になり弁護士に依頼することが容易になっています。

PAGE TOP

法律相談を受ける際の心構えあるいは注意点のようなものはあるでしょうか?

基本的には、あまり気負わずに相談にお越し頂ければと思います。ただし、ご相談の案件に関わる資料などがある場合には、これをご持参頂いた方が良いと思われます。お話だけで伺うよりもアドバイスがスムーズになり、また正確になります。資料をお持ちになる際は、重要かどうかをご自分で判断なされずに、関連するものを一通りご持参された方が良いと思われます。意味のないと思われた文書に意外と重要な意味があることもあります。

PAGE TOP

遠方に住んでいますが事件を依頼できますか?

はい。遠方の方の事件もできる限りお受けいたします。近くの弁護士に委任しても相性が合わずに相談しにくいようでは、頻繁に相談をすることはできません。家庭内の込み入った事情を近所の弁護士に話したくないという方もいらっしゃるかもしれません。相続問題ではあえて近くの弁護士に依頼したくないという方もいらっしゃいます。当法律事務所では依頼者との連絡を頻繁にとり、フットワークを生かして事件に取り組んでおりますので、遠方の方でも安心してご相談ください。もっとも出張の際の交通費や日当を考慮し、お近くの弁護士への依頼をお勧めすることもございます。

PAGE TOP

プライバシーは守ってもらえますか?

もちろんです。プライバシーはしっかりと守られますのでご安心ください。弁護士には守秘義務がありますので、弁護士に相談した内容がほかの方に伝わることはありません。

PAGE TOP