よくある質問 - FAQ

建築問題編

自宅を建てる場合、どのような業者に頼んだら良いですか?

世の中に建築会社はたくさんあります。一概にどの会社が良いと言うことはできません。
しかしながら、家を建てることは人間の一生の中で最大の買い物であると言われるように、とても重大なことです。自宅を建てる場合の業者選びも、安易に選択するのではなく、定評のある業者あるいは知り合いに建築士がおられる場合には、その建築士の推奨する建築会社を選択するのが賢明であると思います。

PAGE TOP

建物の建築をお願いしたところ、請け負った工事会社に手抜き工事をされてしまいました。どうしたら良いのでしょうか?

素人の方に建築会社のなした工事が欠陥か否か、あるいはその欠陥の補修の仕方は分からないと思います。
質問のような場合には、まず知り合いの建築会社、ないし建築士に相談するか、また、建築問題が得意とされる弁護士に相談して、建物の瑕疵にあたるか否か、そして補修の方法及び費用を明らかにするのが先決です。その後に相手方への請求の仕方を検討して下さい。

PAGE TOP

リフォームを依頼しましたが、依頼したようにリフォームをしてもらえません。どうしたら良いですか?

リフォーム工事が多くの問題を含んでいることは、近時明らかにされてきました。新しい建物の建築ではないという安易さが、リフォーム工事を行う者の中にあり、契約の杜撰さや建築確認の申請をしないこと等が問題にされています。
そもそも、リフォーム会社の執拗な勧誘によってだまされてリフォーム工事を依頼する場合もあるようです。
安易に考えられるリフォーム工事ですが、場合によってはリフォーム工事をする前よりも、ひどい建物にされることもあるようです。
リフォーム工事が依頼と異なるような場合には、まず、建築の専門家である建築士に相談をなさるのが良いと思います。

PAGE TOP

請負工事代金を支払ってもらえません。どうしたら良いですか?

請負工事代金は多額になるケースが多いと考えられます。発注者の資力を考えて民法は請負工事契約の場合、完成した建物の所有権は原則として請負人に帰属することにしました。
しかし、請負人が完成した建物を発注者に引き渡した場合は、請負人は所有権に基づく建物の留置権を行使することはできません。
工事代金を払ってもらえない場合は、多くの場合、訴訟による取り立てが必要になります。この場合、発注者の側から未施工工事や欠陥工事の主張がなされることが予想されます。
請負工事代金の回収は、結構手間がかかることが多いと思われます。

PAGE TOP